ファインバブルロゴ

美しい暮らしへ

愛犬をニオイのトラブルから守る

愛犬の「ニオイ」に関する悩み。
ファインバブルの特殊な力で、ニオイの元となる物質を浮かせて、洗い流す。

犬の皮膚には、人間と同じように皮脂腺や汗腺が存在します。そこから分泌された皮脂や汗は、体毛に絡みつき、時間が経過すると特有のニオイに繋がってしまいます。
家庭でニオイの元を洗い流そうとしても落ちにくく、思わずゴシゴシと力強くシャンプーをしがちです。しかし、洗い過ぎは皮膚のバリア機能にマイナスの影響を与えてしまうこともあり、場合によっては愛犬たちの皮膚トラブルに繋がる恐れもあります。

愛犬をそれらのトラブルから守ってあげるためには、原因となる物質を除去してあげることが大切です。

ファインバブルの効果で、ニオイの元となる物質にアプローチ。ファインバブルを発生させる機能を搭載したシャワーヘッドを使って愛犬の体を洗浄してあげることで、ニオイの元となる物質を除去し、気になるニオイのトラブルを抑えることができます。

EXPERIMENTニオイの比較実験

ファインバブルを発生させる機能を搭載したシャワーを疑似ペット臭に当てて、使用前/使用後のニオイそのもの及び、ニオイの元となる物質について比較しました。

①フェイクファーに希釈した疑似ペット臭を滴下。
②密閉できる袋に入れてニオイを測定。
③ファインバブルなし/ありのシャワーをそれぞれ10㎝離れたところからフェイクファーに5秒間当て、袋に戻して再びニオイを測定。

コラム12 experiment01

EXPERIMENTニオイの元の比較実験

フェイクファーに疑似ペット臭と水性UV対応塗料を塗布後、ファインバブルを発生させる機能を搭載したシャワーヘッドと、発生機能なしのシャワーヘッドをそれぞれ、10㎝離れたところから5秒間当て、ブラックライトを照射しました。

その結果、ファインバブルありの場合は塗料がしっかりと落ちているのが確認できました。ファインバブルなしの場合は、ニオイ物質と共に塗布した塗料が落ちていないことが分かりました。

コラム12 experiment02
Column List